SFC ファイアーエムブレム 紋章の謎 BGM 出会いのテーマ A SNES Fire Emblem Mystery of The Emblem BGM Theme of Encounter A

SFC ファイアーエムブレム 紋章の謎 BGM 出会いのテーマ A SNES Fire Emblem Mystery of The Emblem BGM Theme of Encounter A

SFC ファイアーエムブレム 紋章の謎 BGM 出会いのテーマ A SNES Fire Emblem Mystery of The Emblem BGM Theme of Encounter A

SFC #ファイアーエムブレム #紋章の謎 BGM #出会いのテーマ A
SNES Fire Emblem Mystery of The Emblem BGM Theme of Encounter A

『ファイアーエムブレム 紋章の謎』は、ファイアーエムブレムシリーズ第3作で、1994年1月21日スーパーファミコン用ソフトとして任天堂から発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム。

『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』の続編で、『暗黒竜と光の剣』のリメイクを『第1部:暗黒戦争編〜暗黒竜と光の剣』として、その後日談の『第2部:英雄戦争編〜紋章の謎』を収録した2部構成である。第1部の物語は大陸を揺るがす「悪」に対して「炎の紋章」に集う戦士たちの物語だったのに対し、第2部は「ファイアーエムブレム」とアカネイア大陸の歴史と謎に触れた物語となっている。第1部と第2部はどちらから始めてもプレイができるが、条件を満たすと第1部から第2部まで通してプレイすることもできる。それぞれの面は登場ユニットや初期配置にはほとんど変化がなく、ファミコン版の攻略法をそのまま応用することが可能。

本来は第2部『紋章の謎』の「英雄戦争編」のみ予定であったが前作をプレイしていない人のために、ダイジェストとして第1部『暗黒竜と光の剣』の「暗黒戦争編」を追加している。

ハードの性能向上のためグラフィックや演出面が強化されている。難しいとされた旧作より難易度はかなり落とされたが、ゲームバランスに関しては評価が高く、同シリーズの代表作と呼べる作品である。本作は新ファン層を増やし、人気ゲームシリーズの仲間入りを果たした一作と言える。

出会いカテゴリの最新記事